自動火災報知設備

  • 文字サイズ変更
  • S
  • M
  • L

『 自動火災報知設備 』 内のFAQ

155件中 41 - 50 件を表示

5 / 16ページ
  • 特定小規模施設用自動火災報知設備の感知器が最大登録台数を超えてしまう

    特定小規模施設用自動火災報知設備(MAIシリーズ)の1チャンネルの登録台数は15台までですが、無線連動中継器(MAI-CEAC)をご利用いただくと、2つのチャンネルグループを中継することができます。無線連動中継器を3ペアご利用いただくと最大50台の感知器と移報用装置を連動することができます。 ただし... 詳細表示

    • No:670
    • 公開日時:2016/02/26 00:00
    • 更新日時:2020/04/06 16:38
    • カテゴリー: 感知器

  • P型2級受信機の地区音響鳴動設定について

    P型2級受信機には区分鳴動の機能がありません。 火災発生時には最初から一斉鳴動(拡大鳴動と同等)となるため、拡大鳴動タイマー設定はありません。逐次鳴動タイマー(TA)のみの設定になります。 詳細表示

    • No:665
    • 公開日時:2016/02/17 15:46
    • カテゴリー: 受信機
  • 有線式の特定小規模施設用自動火災報知設備はあるか?

    ご要望にお答えすることができず申し訳ございません。 弊社の特定小規模施設用自動火災報知設備は無線式です。有線式の特定小規模施設用自動火災報知設備の取扱はございません。 下記の特定小規模施設用感知器(連動型警報機能付感知器)と特定小規模施設用無線移報用装置を含めて最大15台まで登録し、連動させること... 詳細表示

    • No:669
    • 公開日時:2016/02/10 00:00
    • 更新日時:2020/04/06 16:39
    • カテゴリー: 感知器

  • 特定小規模施設用自動火災報知設備の感知器は何台まで登録できるか?

    下記の特定小規模施設用感知器(連動型警報機能付感知器)と特定小規模施設用無線移報用装置を含めて最大15台まで登録し、連動させることができます。なお無線連動中継器(MAI-CEAC)を使用すると2つのチャンネルグループを中継することができますので、最大50台の感知器と移報用装置を連動することができます。 ... 詳細表示

    • No:666
    • 公開日時:2016/02/10 00:00
    • 更新日時:2020/04/06 16:42
    • カテゴリー: 感知器

  • 特定小規模施設用自動火災報知設備から外部移報を出したい

    特定小規模施設用無線移報用装置【MAI-CEAA】を使用することで、無極性無電圧a接点(移報接点最大定格:DC30V、500mA)を出すことができます。 なお、本機器はホーチキ製の特定小規模施設用感知器(連動型警報機能付感知器)を含めて最大15台まで登録し、連動させることができます。また、無線連動中継器... 詳細表示

    • No:634
    • 公開日時:2016/02/10 00:00
    • 更新日時:2020/04/06 16:42
    • カテゴリー: 感知器

  • 発信機の設置高さについて

    消防法上、操作スイッチ(押ボタンスイッチ)の高さが床面から0.8m以上1.5m以下の範囲になるよう設置する必要があります。 詳細表示

    • No:629
    • 公開日時:2015/12/22 10:34
    • カテゴリー: 発信機
  • アドレス設定器【TCH-C100】でPA感知器のPアドレスは設定できるか?

    P型自動試験機能付き感知器(PA感知器)のPアドレス設定には専用の「Pアドレス設定器」が必要です。 R型・GR型システムアドレス設定器【TCH-C100】ではPアドレス設定は行えません。 P型自動試験機能付き感知器(PA感知器)とPアドレス設定器の一覧は以下の通りです。(2015年12月現在) 自動試験... 詳細表示

  • 受信機の設置高さについて

    消防法上、操作スイッチの高さが床面から0.8m(操作卓などで椅子に座って操作するものは0.6m)以上1.5m以下の範囲になるよう設置する必要があります。 <参考> 検定対象品目以外の機器(副受信機、表示盤など)に設置基準はありませんが、一般的に受信機に準じて設置します。上記の設置高さから外れる... 詳細表示

    • No:610
    • 公開日時:2015/12/16 13:11
    • カテゴリー: 受信機
  • 外部試験器とは?

    専用中継器に接続してご使用いただくことにより、住戸外から住戸内の遠隔試験機能付感知器およびGP型3級受信機の動作を試験することが出来る試験器です。共同住宅においては、居住者が不在の場合も試験が出来ます。 共同住宅以外でも一般ビルなどで、変電室、エレベータシャフトといった点検が困難な場所に設置された感知器も、... 詳細表示

    • No:426
    • 公開日時:2015/12/14 17:45
    • 更新日時:2020/05/13 10:48
    • カテゴリー: 試験器

  • 遠隔試験機能付感知器の「感知器番号」とは?

    遠隔試験機能付感知器の「感知器番号」は外部試験器【TSO-B06】で遠隔試験を行うために必要な番号です。感知器が発報した際に固有の信号を受信機へ送信するものではありません。 外部試験器は遠隔試験を行うにあたり、試験対象となる住戸内に何台の感知器が接続されているか認識する必要があります。遠隔試験を行う際、外部... 詳細表示

155件中 41 - 50 件を表示