感知器

『 感知器 』 内のFAQ

66件中 21 - 30 件を表示

3 / 7ページ
  • 特定小規模施設用自動火災報知設備の感知器は何台まで登録できるか?

    下記の特定小規模施設用感知器(連動型警報機能付感知器)と特定小規模施設用無線移報用装置を含めて最大15台まで登録し、連動させることができます。なお無線連動中継器(MAI-CEAC)を使用すると2つのチャンネルグループを中継することができますので、最大50台の感知器と移報用装置を連動することができます。 ... 詳細表示

    • No:666
    • 公開日時:2016/02/10 00:00
    • 更新日時:2020/04/06 16:42
  • 特定小規模施設用自動火災報知設備から外部移報を出したい

    特定小規模施設用無線移報用装置【MAI-CEAA】を使用することで、無極性無電圧a接点(移報接点最大定格:DC30V、500mA)を出すことができます。 なお、本機器はホーチキ製の特定小規模施設用感知器(連動型警報機能付感知器)を含めて最大15台まで登録し、連動させることができます。また、無線連動中継器... 詳細表示

    • No:634
    • 公開日時:2016/02/10 00:00
    • 更新日時:2020/04/06 16:42
  • アドレス設定器【TCH-C100】でPA感知器のPアドレスは設定できるか?

    P型自動試験機能付き感知器(PA感知器)のPアドレス設定には専用の「Pアドレス設定器」が必要です。 R型・GR型システムアドレス設定器【TCH-C100】ではPアドレス設定は行えません。 P型自動試験機能付き感知器(PA感知器)とPアドレス設定器の一覧は以下の通りです。(2015年12月現在) 自動試験... 詳細表示

    • No:346
    • 公開日時:2015/12/18 09:14
  • 遠隔試験機能付感知器の「感知器番号」とは?

    遠隔試験機能付感知器の「感知器番号」は外部試験器【TSO-B06】で遠隔試験を行うために必要な番号です。感知器が発報した際に固有の信号を受信機へ送信するものではありません。 外部試験器は遠隔試験を行うにあたり、試験対象となる住戸内に何台の感知器が接続されているか認識する必要があります。遠隔試験を行う際、外部... 詳細表示

    • No:420
    • 公開日時:2015/12/14 16:03
  • 外部試験器【TSO-B06】で遠隔試験機能付感知器の感知器番号を登録したい

    外部試験器【TSO-B06】に適合する遠隔試験機能付感知器は以下の通りです。 差動式:DSI-2RLV DSF-2ULV DSG-2LV DSE-2LV 定温式:DFP-TW65RLV DFM-TA65ULV DFM-TW65ULV DFL-TW65RLV 光電... 詳細表示

    • No:414
    • 公開日時:2015/12/14 10:36
  • 【SLL-2LK】感知器の後継機種について

    【SLL-2LK】の後継機種は【SLY-2LK】です。ベースも現行品とは異なるため、感知器本体のみではなくベースも合わせての交換が必要となります。 なお、【SLY-2LK】は感知器本体のみの商品記号となります。セット品(感知器本体+ベース)の商品記号は【SLY-2ULK】となります。 詳細表示

    • No:605
    • 公開日時:2015/11/18 09:04
  • 住宅用火災警報器(無線連動型)を特定小規模施設用自動火災報知設備として代替...

    代替えはできません。 無線連動型住宅用火災警報器/SS-2LR(A)シリーズ、SS-FK(A)シリーズは戸建住宅や一部の共同住宅(消防法令に適合した自動火災報知設備やスプリンクラー設備が設置されていないマンション、アパート等)に使用する機器となります。 特定小規模施設用自動火災報知設備として使用できる... 詳細表示

    • No:431
    • 公開日時:2015/11/06 15:28
    • 更新日時:2020/04/06 16:45

  • 遠隔試験機能付感知器の配線の順番について

    感知器番号と配線の順番は関係ございません。 詳細表示

    • No:504
    • 公開日時:2015/08/13 16:04
  • 夏場の暑い時期に「感知器故障」の障害が発生します。

    光電アナログ式スポット型感知器は、平常時アナログ出力(煙が無い時の煙濃度を示すもの)の値が異常となり、感知器の感度異常となる恐れがある場合に「感知器故障」障害を表示します。 当該感知器における使用温度範囲は、-10℃~50℃となっております。感知器周囲の温度が使用温度範囲を超えると、感知器内部の電子... 詳細表示

    • No:537
    • 公開日時:2015/08/13 11:36
  • 感知器の「S端子」の使用方法について

    「S端子」は専用中継器を接続する端子になります。 接続可能な現行の中継器は、[CPP-1型]、[CPS-1型]、[CPK-3型]になります。 詳細については、添付ファイル(カタログ)をご参照下さい。 注) 直接「S端子」に連動機器を接続すると誤動作や故障の原因になります。必ず、中継器を介して接続して下... 詳細表示

    • No:531
    • 公開日時:2015/08/06 09:32

66件中 21 - 30 件を表示