単独型(購入前)

  • 文字サイズ変更
  • S
  • M
  • L

『 単独型(購入前) 』 内のFAQ

24件中 11 - 20 件を表示

2 / 3ページ
  • 住宅用火災警報器はどのくらいの煙で作動するか

    住宅用火災警報器はビルなどに設置されている火災感知器でいう2種感度(減光率10%)と規定されています。条件によって異なりますが、天井周辺がうっすら煙で覆われた状態で作動します。 詳細表示

    • No:48
    • 公開日時:2014/02/11 23:38
  • 住宅用火災警報器から警報出力(移報出力)したい

    火災信号を外部へ出力する警報出力機能を持った機種なら外部接続機器とつなげることができます。 シリーズによって接点や定格が異なりますので、ご確認の上接続してください。 (警報出力の定格はカタログにて確認できます) 詳細表示

    • No:47
    • 公開日時:2014/02/11 23:37
    • 更新日時:2019/10/24 10:19
  • 聴覚障がい者向けの製品が欲しい

    フラッシュライトなどの外部接続機器を接続することで、聴覚障がいがある方にも知らせることができます。その場合、警報出力機能を持った機種と併せてご利用いただくことが必要となります。(下記①) または、弊社無線連動型住宅用火災警報器と無線LEDフラッシャ(警報器補助装置)を無線連動することで火災を発見した警報器と... 詳細表示

    • No:46
    • 公開日時:2014/02/11 23:37
    • 更新日時:2019/07/18 19:39
  • 住宅用火災警報器の価格について

    オープン価格になっておりますので価格は販売店ごとで異なります。販売店に御確認ください。 詳細表示

    • No:44
    • 公開日時:2014/02/11 23:36
  • 住宅用火災警報器の誤感知低減機能とは

    警報器(煙式のみ)に内蔵されたマイコンが、設置環境に合わせた火災判断を行う機能です。 例えば頻繁に煙などが発生する台所などでは火災と判断するのを遅くし、調理の煙など火災以外での作動を少なくします。逆に普段煙の無い寝室などでは火災判断を早めます。 詳細表示

    • No:43
    • 公開日時:2014/02/11 23:36
  • 住宅用火災警報器の設置は火災保険の必要条件か

    ご契約の保険会社様にお問い合わせ下さい。 詳細表示

    • No:42
    • 公開日時:2014/02/11 23:36
  • 住宅用火災警報器の火災感知方法について

    煙式(光電式)は、検出部に入った煙粒子によっておこる光の乱反射を検出して作動します。 熱式(定温式)は、警報器周辺の温度が上昇し、一定の温度になったことを検出して作動します。 ※住宅用火災警報器は、煙式(光電式)と熱式(定温式)の2種類です。 詳細表示

    • No:40
    • 公開日時:2014/02/11 23:35
  • 住宅用火災警報器は部屋のどこに取り付ければよいのですか?

    天井、壁どちらにも設置できます。 但し、取り付け位置にはいくつかの設置基準があります。 個人で取り付ける場合は壁への取り付けがかんたんです。ただし高所作業となりますので、足場など安全に配慮してお取り付けください。 詳細表示

    • No:39
    • 公開日時:2014/02/11 23:35
  • 住宅用火災警報器は自分で取り付けられるのですか?

    住宅用火災警報器は個人での取り付けが可能です。ただし高所作業となりますので、足場など安全に配慮して取り付けください。 詳細表示

    • No:38
    • 公開日時:2014/02/11 23:34
  • 借家の場合の住宅用火災警報器取り付け

    消防法によると「住宅の用途に供される防火対象物の関係者に設置義務がある」とされています。 関係者という意味では貸主、管理会社、借主すべてに設置義務があると解釈できます。 慣例的には居住者に安全な建物を提供する責任があるという観点から、貸主が設置することが多いようです。 詳細表示

    • No:36
    • 公開日時:2014/02/11 23:34

24件中 11 - 20 件を表示