自動火災報知設備

  • 文字サイズ変更
  • S
  • M
  • L

『 自動火災報知設備 』 内のFAQ

155件中 61 - 70 件を表示

7 / 16ページ
  • 空き回線に設定したのに火災発報する

    P型1級受信機の空き回線設定は、未使用回線の断線検出をしない機能であるため、感知器などの端末が火災検出すると受信機は火災発報します。※火災優先機能。 発報の原因を取り除く必要があります。 詳細表示

    • No:588
    • 公開日時:2015/11/19 16:12
    • カテゴリー: 受信機
  • 【SLL-2LK】感知器の後継機種について

    【SLL-2LK】の後継機種は【SLY-2LK】です。ベースも現行品とは異なるため、感知器本体のみではなくベースも合わせての交換が必要となります。 なお、【SLY-2LK】は感知器本体のみの商品記号となります。セット品(感知器本体+ベース)の商品記号は【SLY-2ULK】となります。 詳細表示

    • No:605
    • 公開日時:2015/11/18 09:04
    • カテゴリー: 感知器
  • 送受話器を入手したい

    保守用の送受話器(ハンドセット)は2種類あります。 <ジャック式> 商品記号は【SC-PA】です。 本送受話器は、現行の受信機、発信機、表示盤の他に[RPE型]以降の旧型受信機にも使用できます。 専用のケースは別売となり、商品記号は【SC-P電話器ケースA】です。 <モジュラー式>... 詳細表示

  • 住宅用火災警報器(無線連動型)を特定小規模施設用自動火災報知設備として代替...

    代替えはできません。 無線連動型住宅用火災警報器/SS-2LR(A)シリーズ、SS-FK(A)シリーズは戸建住宅や一部の共同住宅(消防法令に適合した自動火災報知設備やスプリンクラー設備が設置されていないマンション、アパート等)に使用する機器となります。 特定小規模施設用自動火災報知設備として使用できる... 詳細表示

  • 障害マスクが設定できません

    障害マスクは、障害信号(応答無しなど)を出している端末機器がある場合に、その表示と音を出さないようにするものです。 障害が発生していない端末機器や、火災発報状態となっている端末機器に障害マスクは設定できません。 詳細表示

    • No:571
    • 公開日時:2015/11/06 13:24
    • カテゴリー: 受信機
  • 伝送路異常、S・V電圧異常が発生しました

    伝送路の短絡、もしくは伝送路の電圧が低下していることが原因です。受信機と端末機器との通信が異常であり、正常な監視ができない状態となっています。 該当する系統のS□端子、V□端子を順次外して状況を確認してください。 上記の盤障害が復旧し、応答無し障害や制御線異常などのアドレス障害に変化した場合には、外線... 詳細表示

    • No:573
    • 公開日時:2015/11/05 16:27
    • カテゴリー: 受信機
  • 障害マスクが自然に解除されました

    障害マスクとは、障害信号を出している端末機器がある場合のみ、表示と音を出さないようにするものです。障害マスクを設定した後、一旦、障害が復旧して正常状態になると障害マスクは自動的に解除される仕様です。(障害マスクは障害が発生している場合のみ設定できるものであり、マスクをする障害自体が無くなるため) その後、再... 詳細表示

    • No:572
    • 公開日時:2015/11/05 13:40
    • カテゴリー: 受信機
  • 火災通報装置[HSDE型]を火災受信機と連動させたい

    自動火災報知設備からの火災信号にて火災通報装置[HSDE型]を作動させることは可能です。 自動火災報知設備の火災受信機からの火災代表信号(無電圧a接点)を、火災通報装置本体の基板上にある『F2+、F2-』という端子へ入れるように接続します。この時、付属のシリコンダイオード(1A・250V)を忘れずに接続して... 詳細表示

  • R型受信機が再立ち上げ動作になりました

    このような事象の殆どが電源ユニット(スイッチング電源)の経年劣化による症状であり、液晶パネルやリレーが駆動した際に電源容量の不足により発生します。 その後、平常時にも再立ち上げ動作を繰り返すなど、徐々に悪化し、最終的には立ち上がらなくなります。 当該電源ユニットは定期交換部品であり、5年を目安に交換を実施... 詳細表示

    • No:569
    • 公開日時:2015/10/22 10:24
    • カテゴリー: 受信機

  • R型受信機が停電後に立ち上がらなくなりました

    電源系統に於いて、下記を確認して異常個所を復旧して下さい。 感電事故を起こさないよう十分な処置を行ってから作業をする、AC-100Vの活線には絶対に触れないで下さい。 ・火災報知機専用ブレーカーがONになっていること。 ・受信機内部のP1, P2端子にAC-100Vが供給されていること。 ・受信機内部... 詳細表示

    • No:568
    • 公開日時:2015/10/22 10:21
    • カテゴリー: 受信機

155件中 61 - 70 件を表示