感知器

『 感知器 』 内のFAQ

66件中 51 - 60 件を表示

6 / 7ページ
  • 感知器の感度を変更したい

    アナログ式感知器(※)の場合、受信機の設定にて感度を変更することができます。但し、アナログ式ではない感度変更が出来ない感知器の場合は、感度が固定された検定品であるため感度変更はできません。 竣工後にアナログ式感知器の感度を変更する場合は、現地に備えていますアナログ感知器の『表示温度等設定一覧図』をご確認して頂き...

    • No:355
    • 公開日時:2014/03/28 20:10
    • 更新日時:2016/10/27 09:00
  • 【DFG-TW60L】感知器の一部が破損しました。このまま使用できますか?

    感知器本体の交換が必要です。 定温式スポット型感知器において集熱板ない場合、火災時に発報しなかったり、発報するまで時間が掛かる等の不具合を生じます。 物件の消防設備点検を委託している会社様へ交換と点検を依頼してください。

    • No:354
    • 公開日時:2014/03/28 20:09
  • イオン化式スポット型煙感知器の後継機種が知りたい

    イオン化式スポット型感知器は販売中止しております。 交換される際は光電式スポット型感知器[SLVシリーズ]をご利用いただき、ヘッドとベース合わせて交換してください。

    • No:353
    • 公開日時:2014/03/28 20:08
  • ダミー品(模型)がほしい

    感知器以外の機器も含め、ダミー品のご用意はありません。

    • No:352
    • 公開日時:2014/03/28 20:07
  • [SLV型]感知器の作動信号を移報したい

    光電式スポット型煙感知器[SLV型]は接点を出力するタイプではないため、対応しておりません。 感知器の作動信号を外部に出力するには、自動火災報知設備の受信機にて感知器の作動信号を受け、それを受信機より外部に移報する方法にて接続してください。

    • No:348
    • 公開日時:2014/03/28 20:01
  • 【SLI-23】2信号式煙感知器の後継機種が知りたい

    露出型は【SLV-23RL】、埋込型は【SLV-23UL】となります。 尚、設置後に試験や消防へ提出する書類作成などもありますので、交換はメンテナンス会社様にお願いして下さい。

    • No:347
    • 公開日時:2014/03/28 19:59
  • 感知器の製品寿命が知りたい。

    (社)日本火災報知機工業会において正常な機能維持のため、自動火災報知設備の感知器の交換推奨年数を10年または15年(感知器の種類により異なります)と設定しています。 【添付資料】 ・ (社)日本火災報知機工業会「 既設の自動火災報知設備機器の更新について」

    • No:344
    • 公開日時:2014/03/28 19:52
  • エレベーター昇降路頂部に設置する煙感知器の種類は?

    エレベータ・パイプシャフトには2種の煙感知器を設置します。

    • No:339
    • 公開日時:2014/03/28 19:47
  • 【YBR-RL/2】感知器ベースのS端子付きとは?

    「S端子付き」の感知器ベースとは、専用の中継器(室外表示灯付きなど)に接続できる感知器ベースのことをを示します。

    • No:338
    • 公開日時:2014/03/28 19:46
  • 熱を感知する感知器が埃で誤作動することはありますか?

    差動式スポット型感知器は周囲の熱によって作動する感知器ですが、感知器の構造上、埃が原因となり誤作動を引き起こす場合もあります。また、感知器の劣化は設置環境により大きく左右されますが、10年を超えてご使用されている感知器については予期しない誤作動や障害が発生する可能性があります。

    • No:337
    • 公開日時:2014/03/28 19:45

66件中 51 - 60 件を表示